スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようならを言う手前のE4系

Ladies and gentleman, welcome to the Shinkansen.
東京駅、新幹線ホームは特別なエリアだという主観。
旅ならば気持ちも盛り上が…る、のかな。
2週連続で出張を仰せつかってしまい、今回は仕事でお江戸に。
DSCF1521.jpg仕事は少し早めに終わったので、1本早い列車に乗ることに。
夕方のタイミングは、21番ホームに限らずたくさんの人が行き交う。
多くは語るまい。
向こうの2階建てのボディに映るシルエットがとてもドラマチックだった。
勝手に旅情という妄想を抱いてもバチは当たらないはず。
私は今は違う温泉駅に向かうことになったが、以前の温泉駅行きへ向かう
この2階建てにはずいぶんお世話になった。
スポンサーサイト

エンドレスサマーヌード

わざわざ所用を設けて訪れた地は長野県上田市。長野、好きなんです。
先週なんて訪れたのは二度です。(うち一回は出張)
本当なら丸一日をかけて長野の鉄道を巡って列車を追いかけてみたい。
現実はそんな訳にもいかないので、少しばかり許しを得てぶっつけ本番の撮影に。

上田駅を出て終点の別所温泉駅のひとつ前の八木沢駅を選ぶ。
駅舎以外の事前情報はなく、前述の通りぶっつけ、相変わらずの出たとこ鉄。
八木沢駅に向かう途中、と言うかもう長野ってあたり一面フルーツの宝庫。

実りの季節はこの茹だるような暑さを越えなければ手に入らないのです。
直球に旬を狙うなら、秋だと思うんです。でもコレを見つけてしまったら、ね。
IMGP4496.jpg
この畑だけ袋が被っていない事情は謎のまま…
温泉を楽しみ、服を着たお客さんを乗せた上田電鉄別所線の電車は
穏やかに通り過ぎて行きました。

さらば荒天、されど梅雨の中休み

日没後、まだその陽の光は香りを残すかのようにこの世界を纏っていて。
私はたまらなく好きな空気を捉えようと夢中になる。
田舎の列車はずいぶん前に、帰宅を急いだお客さんを運んでしまったあとのような車窓です。

草木をフレームに見立てこの場に、この季節にふたたび立てることは当たり前のようで、
実はそうじゃないのかもしれないね。
IMG_5729.jpg淡い恋心から熟した愛のような色の移ろい・・・惚れるよね。
そんな情熱とかどんな感覚だっけな?と思っていたら、
沖からあがって干されている定置網の磯のにおいが背後からムンムンと漂って、
「ああ、これか。今の私にピッタリなニオイ」
ふたたび何か再燃することを願い誓いシャッターを押すのでありました。

シューマンの子供の情景を脳内再生

シューマン作曲 子供の情景Op.15
眠たくなるようなトロイメライはとても有名な曲ですが、この作品は
13曲で構成された作品。トロイメライは第7曲に。
タイトルは”子供の情景”というふうになっていますが、
子供のための曲集ではなく【大人からみた子供時代の思い出】


まさに今の私の状態ですね。
大村街道は有名な撮影地のようなんですが…私にはあの場に立つ勇気がありません。
この日は何故かその有名な撮影地に立ってみようと思って現地に向かったのです。
ですがっ
ああ、保線さんが…もうこれは、無理(笑)
でも貨物列車撮りたい…

ふと目に留まったのが、6月の新緑もそろそろたくましくなり、太陽もギラギラしている
稲荷公園!
遊具!
おお!だれもいない!

自分が幼少期の頃にはまだこんな遊具なんてなかったよ。
そしてだいぶ年季も入ってきた遊具へ向かいました。

きっと、どこかのお子様もこんな目線で
「でんしゃきたー」
とはしゃいでいるのかもしれないなあ、と思いながら撮った一枚です。


シューマンの子供の情景を脳内再生

空から始める河川敷

ブログ引っ越し一発目は立山連峰を背に、工場と住宅街そして田んぼを突き抜けるように離陸した飛行機を。
今夜はローズムーンだそうで…
貨物列車のモータ音を聞きながら、なんともロマンに満ちたブログになりそうです。

空から始める河川敷

この場所に到着して、真っ先にあのトラクターに目がいきました。
「なんとか飛行機と剣岳、トラクターを絡めることができたらいいなあ」
欲は通じ、梅雨入り間近の三重奏を記録することができました。

本日、噂に聞いていた方にお会いすることができ、撮影もご一緒できる機会に恵まれました。
こんなめでたい日、半日休んで良かった。農作業中のオニイサンにも感謝を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。